株式会社トライアングル
リンク集

雇用形態が激変?サラリーマンも個人事業主に切り替わる?



以前は『正規社員の解雇規制緩和論』

という言葉、よく耳にしていましたが・・・



正規社員の解雇規制緩和論とは…

『正社員の解雇に関する規制が

非常勤社員に比べて強いことが、

日本の労働市場に正社員と非常勤という

二重構造が生じさせている現状があり

それが労働市場を弊害を与えているため

この状況を改善するために

規制を緩和しましょうという』

考え方だそうですが・・・


『労働市場の流動化』という

言葉と一緒に語られることもありますね。


昔の日本は終身雇用制でサラリーマンになれば

とりあえずは安心という時代でしたが、

今は正社員・非常勤の差を取り払おうという

正社員の身分保障が危ぶまれている時代。



パート社員から大出世をしたケースも聞きますが

それは本当に稀なケースと言えますよね。


この『解雇規制緩和論』

しばらく耳にしないと思っていたら

着々と進んでいたのですね。

今はあらたに『兼業・副業を推奨』

という考え方出てきました。



兼業・副業をするということは

当然、サラリーマンから個人事業主に

立場が変わってしまうことに!!


個人事業主となると

企業はいわゆる社会保険料や残業代の

負担がなくなることになります。


雇用関係ではなくなるので

依頼した仕事に対してだけの

報酬を支払うことになるので

特別な契約内容が無い限り

仕事に時間がかかっても残業代のような

報酬の上乗せはないことになります。


こうなると『解雇規制緩和』

という考え方自体が必要なくなりますよね。





労働人口が減少している日本。

仕事を選ぶことに関して、より一層『自己責任』を

求める流れになるのでしょうか!?


働き方は自由になるかもしれないですが、

その分責任も重くなるのは当然。


そんな時代になる可能性があるのなら

何か備えをしておく方が安心ですね!!

とはいうものの、今までは兼業・副業禁止が

企業では当たり前の時代でしたが


兼業・副業するにも、どうしたらいいの?

と思ってしまうのは当然ですよね。


しかも、兼業・副業をするにしても

本業がヒマで時間が余って兼業・副業しやすい

なんて人は皆無に等しい・・・


忙しい中、本業もしっかりできて

兼業・副業でもしっかり収入を得るためには

どんな方法があるのでしょうか?


今はインターネット・SNSを活用すると

時間的にも身体的にも無理なく兼業・副業できる

ビジネスノウハウがあります。


通勤中の電車の中でもスマホやタブレットで

ビジネスができるノウハウがあれば

昼休み中のカフェでも、帰りの電車の中でも、

営業の移動中でも、ちょっとした空いた時間に

ビジネスができるので、無理なくできますよね。

a0001_013635.jpg


しかもビジネスツールも揃っていたら

そして、そのビジネスツールの活用の仕方の

マニュアルまでそろっていたらいかがでしょう。


私もこのビジネスでサラリーマンから

フリーランスになれました。


仕事はこのビジネスと

もう1つ取り組んでいますが

そのビジネスは趣味的活動なのでビジネスって

言っていいのかどうか!?


サラリーマンを辞めるという意識もなく

自然に個人事業主になっていました。


もちろん、兼業・副業というスタイルでも

効果が大きいこのビジネスノウハウ!!

チャレンジする価値、あると思います☆


その価値あるビジネスを

無料のメールセミナーでご紹介します↓↓
aquab07-006改2.jpg



どんなにアンテナを張っていても

仕事が忙しいと世の中の流れが

つかみ切れない時ってありますよね。


兼業・副業がOKになって

個人事業主のような取り扱いをされる

可能性があるなら、このビジネスで

今から準備しませんか!!










posted by masaki-k at 11:38 | 東京 ☀ | Comment(0) | インターネット 副業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

商品紹介