bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
リンク集

年金制度は存続できる可能性は高いの?

083.gif
年金で『運用成績』という言葉を
耳にすることがありますよね。

公的な年金の積立金を運用するって
何だか違和感がありませんか?

年金の保険料を株式や国債などを
活用して、その成績がどうだったか?
というものですが、良ければいいですが
悪ければ、せっかく積み立てた資金が
減ってしまうことに。

2015年の時には約5兆円の赤字!!
5兆円って大きい額ですよね。
そんなことをしていたら
年金の資金がなくなってしまうのでは?

その年金資金の運用の比率が
国債より株式の割合が多くなっているそうです。
国債の方が安定しているように感じますが・・・

年金を運用しているのは
GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)
という法人。
GPIFには国から140兆円という
資金を渡されて、その資金を運用しています。
140兆円という額もすごいですね。

そのGPIFが資金を運用し
今、株式の比率が多くなっています。
これだけの資金が動けば
株価にも影響が出そうですよね。

今は株価が高い状態なので
運用成績が良いですが
これが株価が下がるとどうなるでしょうか?

当然、2015年のような赤字に転落。
株価が下がったときが怖いかも?
株価が下げ止まらない場合
GPIFも保有して株式を売却して
損失を少なくしなくては・・・
と思いますよね。

ここでGPIFが株式を売却すると
さらに株価が下がるという悪循環に!!
売却するのも良い策ではなくなるかも!?

そして140兆円という資金。
株式や国債としての価値を持っていますが
実際、株式や国債を売却できない状態では
結局現金化もできない資金になりますよね。

年金は破綻する。年金は存続する。
どちらの意見もありますし
制度が良い形で存続することが
一番良いのですが、資金運用の面から見ても
破綻する可能性を感じるのも確かです。

年金制度が存続するかどうかに関わらず
自分でも何か備えておいた方が
イザっという時に焦らなくてすみますよね。
生活の安心材料、どうやって作りましょうか?

副業にも最適な収入術!!
無料の資料で提供します。
備える方法の1つに活用してみませんか?
siryou02-006.jpg

012.gif




posted by masaki-k at 11:36 | 東京 ☀ | Comment(0) | ネットワークビジネス 収入 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『老後』にも『仕事』にも備えが必要かも!?

083.gif
老後の前に雇用が保たれるのか?
早期・希望退職者の応募者数が
すでに昨年の人数を超え、その数は2倍に!!

業績は悪くないけど
業績が良いうちに整理をして
将来に備えるという企業も!!

退職募集の年齢は40歳以上が主流ですが
中には35歳という企業も。
35歳で早期・希望退職の
対象になってしまう状況の企業も。

大企業が業績が好調でも
将来的なリスクに備えて
人員整理を行なうということは
必ず近い将来にそういう時が来る
と、かなり高い確率で予想しているのでしょうね。

その時、中小企業は大丈夫なのでしょうか?
今は電気業界と製薬業界が
厳しい状況になっているので
早期・希望退職者の募集をした企業が
多くありましたが、時代によって浮き沈みの業種は
変わってくると思います。

『将来消える職業』ということも
最近は多く聞かれます。
老後の心配もありますが
その前に現役世代のうちに
雇用や仕事が無くなってしまう可能性も!?

40歳代というと、子供が高校か大学に
通うくらいになります。
私立に行くとしたら学費の負担は大きい。
そこに住宅ローンがあったとしたら・・・
そんな状況の中、仕事を失うことになったら
家族が崩壊してしまうかも!?

この先は『雇用』ではなく
『フリーランス』が主流になるとも
言われています。
それぞれが個人事業主に。
個人事業主であれば1つの会社だけではなく
複数の会社との仕事の契約が可能になりますが
その前にそんなにたくさん仕事があるのでしょうか?

個人事業主となれば、最低賃金もボーナスもなし。
業務委託費だけが収入になります。
たくさん報酬が得られれば良いですが
仕事がなければ報酬はなし。
自分で仕事を取ってくる営業努力も必要に!!

将来必ずそうなると
決まっているわけではありませんが
企業が将来に備えてすでに準備している中
『フリーランス主流説』が出てくる
ということは、可能性としては低くはない
かもしれません。

今現状、そのような労働環境に
なっているわけではありません。
年金も無くなるとか、額が少なくなるとか
言われていますが、今はまだそうなっていません。

ただ、高い確率で『老後』のことは
変化が予測できますし、
副業解禁の企業が増えている現状から
『雇用』にも不安はありますよね。

『雇用』『老後』の不安に
どう備えますか?
その備えとなるノウハウを
無料の資料でご提供します。
是非、活用してみて下さい!!
siryou02-006.jpg


012.gif








posted by masaki-k at 08:31 | 東京 ☁ | Comment(0) | ネットワークビジネス 会社・企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シニアになってもバリバリ働きたい!!でも仕事ってあるの?

083.gif  
人生100年時代。
老後の時間が長くなりました。

定年後もまだまだ働きたい!!
という人もたくさんいます。
体力も気力もまだまだ十分、
という人も多くなりました。

元気な方で働きたいのに
働く場所がないのはもったいない
気がします。

でも、企業もいつまでも
雇用を継続できるほどの
状況ではなくなりました。

定年後は再雇用や業務委託という形で
報酬を抑えた形でシニア世代に
働いていただくところがほとんどです。

そうしないと、企業側の体力が持たない・・・
シニアを抱え、若い世代の活躍の場を
作るためには仕方ないかもしれませんが・・・

働きたくても活躍の場がなく
働ける場所があっても肩身が狭い思いを
することも。

シニア世代の働ける場所は
年齢が高くなるほど狭き門に。
さらにシニア世代の中でも
65歳から70歳までは比較的仕事があっても
70歳を超えると新たな定年退職者に
自分のポジションを明け渡さなくては
ならないという状況も。

シニアになってからも
ずっと競争率が高い状態で働くのも
何か良い気分ではないですよね。

次の人に仕事を明け渡したいが
自分でもまだ働きたい。
でも、いつまでもその仕事に
しがみついているのも気が引ける。

気持ちと現実が噛み合わないのが
今のご時勢かもしれません。

人に気を使わず、当然、同世代にも
気を使わないで、仕事をするのに
競争率もない働き方ができると良いですよね。

そして、やはり年齢を重ねれば
体力低下も気になり、
無理もできなくなる不安も!!

中には事情があって働き続けなくては
ならないこともあるかもしれません。
そんな厳しい状況の中、
いつ契約が終了になるかわからない
不安を抱えて仕事をするのは
心の健康に大きな影響が・・・

強い不安を抱えながら生活していると
当然、身体を壊してしまうことに・・・
できる仕事もできなくなってしまい
さらに不安が増強する悪循環に・・・

競争率も無く、契約終了も不安もなく
そして体力的な心配もなく
できる仕事はないのでしょうか?
欲を言えば、特別な知識・技術は必要なく
内容がシンプルなものだといいですよね。

生涯現役でできる仕事を
無料の資料でご紹介します!!
副業にも最適なので、
シニアの方だけではなく
若い世代、中高年の方にも役立つかも!?

無料でしつこく連絡をするわけではありません。
お気軽に自分の働き方改革の資料として
是非、ご活用下さい!!
siryou02-006.jpg

012.gif



posted by masaki-k at 13:15 | 東京 ☁ | Comment(0) | ネットワークビジネス シニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
商品紹介